二次会のゲームやイベントの景品で食品をプレゼントされる事があると思います。ラーメン等ならお持ち帰りは楽でいいですが「ズワイガニ」等の海産物や生物になるとお持ち帰り、もしくはお持ち帰りは出来てもどう調理するかが悩みの種だと思います。

その中で今回はズワイガニ等のカニを貰った場合はどの様にしているかを調べて参りました。

メダルを左手に持ち雄叫びをあげる男性のシルエット

「ボイルする」

いわゆる茹で蟹でシンプルにカニを茹でる食べ方。新鮮なカニは身がぷりぷりっとしていてただ茹でてポン酢やわさび醤油等を付けて食べるも良し、敢えて何も付けずにカニ本来の味を楽しむも良しとシンプルな調理法ながらいろんな味わい方が出来る一品です。

「刺し身でいただく」

新鮮なカニは敢えて生で身をいただき刺し身にしていただくのも乙な一品です。特にカニの爪の部分は身が大きく食べやすい部位である事が多い為爪を持って身の部分を醤油やレモン等に付けてそのままかぶり付く豪快な食べ方も出来てこちらもシンプルながらいろんな味わい方が出来ます。

「カニフライにしていただく」

カニは食べたいけど生ではちょっと、でも茹で蟹だと味気ない。そう考えているならばカニの剥き身にパン粉を眩してカニフライにして調理する方法があります。

フライになっても蟹の旨味は変わらずでタルタルソースもセットで用意して挙げれば見た目や旨味は更に倍増されるでしょう。

「蟹の天ぷら」

フライの方は馴染みはあれど天ぷらの方はあまり聞き覚えがない人もいるかもしれません。けれど蟹の天ぷらも蟹の剥き身を天ぷら粉に付けて天ぷらとして挙げる蟹の天ぷらもなかなかオススメな一品です。

天つゆに付けていただくも良し、塩で頂いてカニ本来の味を生かして食べるも良しと蟹の天ぷらももっとオススメしていきたい一品です。

「カニ飯」

身をほぐした蟹を白米と一緒に炊き上げた後にかき混ぜて蟹の風味や味も凝縮したご飯として完成しいつもの主食の白ご飯に変化を加えつつ蟹も楽しめてオススメです。

調理法もいつものご飯を蒸し上げるのと変わらないため蟹のむき身さえ用意していれば後は炊くだけで済むので非常に簡単な蟹料理です。

今回は以上になります。ズワイガニを貰っても調理方はここで紹介しきれなかった物以外にも沢山ありますので一度試してみては如何でしょう?