結婚式の二次会での服装は、結婚式自体よりもカジュアルでも大丈夫ではありますが、その中でも特に女性が気を付ける点は多々あります。

どのような点に気を付ければよいのでしょう?

二次会の為に用意された大量のグラス

1.過度な露出を避けましょう

結婚式の二次会は、もちろん新郎新婦をお祝いする席ではありますが、恋人が居ない男女にとっては「新たな出会い」という場でもあります。

そんなとき、つい男性の目を引こうとしてしまい、露出の高いドレス(極端なミニスカートや、襟ぐりが大きく開き、胸が協調されたり見えそうなドレスなど)はお祝いの席には相応しくありません。

また、そうした露出の高い服装は「セクシーだけど軽い女」「頑張りすぎている女」とみられがちであり、自分の品位を下げてしまうこともあります。

スカート丈は膝程度に抑え、肩を出すようなスタイルの場合は、羽織るものを身に付けると良いでしょう。

原点※二次会・忘年会の景品専門店|景品本舗 https://k-hompo.com/

2.花嫁より目立たないようにしましょう

花嫁の「白」である白いドレスは避ける、ということは当然ではありますが、それと同時に派手な髪飾りやお色直しのような派手な色やデザインのドレス、ティアラやゴージャスすぎるアクセサリーは花嫁よりも目立ってしまう可能性がありますので避けるようにしましょう。

ゲストはあくまで新郎新婦に対する脇役です。くれぐれも花嫁よりも目立たない服装を心がけましょう。

3.足元に気を付けましょう

最近はお洒落なミュールやドレスに合うサンダル風の靴も多くありますが、どんなに有名ブランドの品であっても、結婚式やその二次会にはつま先やかかとが出る靴は相応しくありません。

また、ストッキングもワンポイントくらいなら大丈夫ですが、あまりにもセクシーな網タイツや素足も二次会には相応しくありません。

お洒落なパンプスやハイヒールは多くありますので、足元のお洒落はそうした靴を履くようにしましょう。

4.黒いものは避けましょう

黒はとてもシックな色合いで素敵ですが、やはり「喪」のイメージがあるため、全身黒ずくめといった服装は結婚式というハレの日に相応しくありません。

どうしても黒が好きな方は、黒地に違う配色のあるドレスや、靴やバッグ、羽織るものやストッキングを黒以外の色にするなどの配慮が必要です。

また、ブラックパールなどのアクセサリーも「喪」のイメージがありますので、パールをアクセサリーとして使用する際は普通の白いパールやピンクパールなどの華やかで明るい色合いのものを身に付けるようにしましょう。